パソコン初心者やアフェリエイトを始めたい方の為のビギナーズサポートです。

ブログ集客力UPにSNS活用は有効⁉

2018/12/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブログをたくさんの方に読んでもらう為に、手っ取り早く集客する方法として 必要なのが〝SNS〟です!
より多くの人と交流することにより、ブログを読んでもらえる確立を上げる事が出来ます。
いくらブログを書き続けても、宣伝をしなければ中々読んでもらえません。

ブログを始めたばかりの最初の3か月間は、検索結果のトップ10に入ることも難しいと思います。
検索結果の1ページ目に入らないと、目に触れる事もなく読まれる事もありません。
これがブログを辞めてしまう大きな原因の1つです。

という事で今回、SNS を利用して ブログ集客力UP について書いた見ました。

SNSとは

SNSとは?
(Social networking site:ソーシャル ネットワーキング サイト)の略で、
インターネットや携帯電話回線を通して、交流(コミュニケーション)をはかるサイトの総称です。
・1対1で個別送信するもの
・グループに送信するもの
・全員に送信するもの
などがあります。

ブログにNSNは必要か⁉:【メリット・デメリット】

ブログサイトは細かな情報を解りやすく説明できますが、
その反面、アクセスしてもらえないと、当然のことですが、読んでもらえません。

さらに、検索上位記事にしか興味をしめさない方が、大半をしめています。
そこで、利用者数の多いSNSで情報を公開する事により、直接宣伝が出来るので、自分のブログサイトへアクセスしてもらい、閲覧させることが出来ます。

更にSNSはシェアしたり、拡散する機能が有るので、友達を増やすことにより、仲間が出来れば、情報を積極的に拡散してくれて、新たに見込み客を呼び込めるというわけです。

しかも、NSN自体にも広告を埋め込むことが出来るアプリも有るので、両方で集客力がUPできるのです。

SNSは広告の場と考えると、ブログは店舗のようなものです。
役割を明確に認識する事で、集客力UPに繋がります。
店舗(ブログ)に誘導させるには、〝いいねやフォロー〟をして 自分を知ってもらい、さらに興味を持ってもらう為に、インパクトのある魅力的な文章を書き込み、最終的にプロフィール欄からブログリンクに誘導させる事です。

SNSを活用する事で、うまくブログ集客できるようになれば、Google検索エンジンからの評価も上がっていきます。

しかし、その反面 SNS上に広告を付けてもスルーされてしまう事が多い事も事実です。
大半がコミュニケーションの場として使用しているため、アフェリエイトは、嫌われる傾向にあるからです。

また、うまく友達も増え拡散されたとしても、スマッシュヒット的なものなので、持続性の有る宣伝とは言えません。

そこで、ブログの内容に沿った友達や仲間を作ることで、ブログ誘導がしやすくなりますが、
難易度も上がります、なぜなら、自分よりも知識が上だったり、意見が違う人もいたりするので、ブログの内容が浅いとすぐに見透かされ、意見が違うと読んでさえ、もらえません。

SNSについて!まとめ! 

SNSでブログの集客力をUPさせる方法! うまく行けば、多くの人にブログを認識してもらう事が効果的です! 半面!スマッシュヒット的なもが難点という事も有ります。

SNSでサイトを宣伝する事のリスクもあります。

・サイトの宣伝目的だと見抜かれれば、集客できず逆効果になる事も有る!
・ライバルに研究材料として使われてしまう場合も有る!
・ひどい場合、をコピー記事を書かれたり、悪質なリンクを送られる可能性もあります。

リスクを引き換えにしてでも、集客力をUPさせたいので有れば、SNSでサイトの宣伝をする事を、おすすめします!

もし、不安が有のであれば 地道にブログの更新していく事をお勧めします!。

最終的にSNSと、どう付き合うかは、自分次第と言う事です。

SNSの種類と特徴


フェイスブック(Facebook)
実名や経歴を明かすことで昔の知り合いや友人だった相手を探し出し連絡が取りやすくなっているのが最大の特徴です。

さらに、Facebookを通じて同じような趣味を持っている人と友達になることも出来ますし、
色々な有名人のページをみて、感想を書き込むことも出来ます。
また、 Facebookの書き込みを友人登録したメンバーのみ、公開する事も出来るので、
安心して記事や写真を公開する事が出来ます。

さらに、メッセージや画像などの情報を載せることで、友達に 知ってほしい情報を発信する事も出来ます。

Facebookで知ってほしい情報を全員に発信すると、興味の有る人が反応してコメントしたり、ハッシュタグを付ける事でブログの情報を拡散してくれる事もあります。

ツイッター(twitter)
ツイッターとは、140文字までのメッセージを投稿(書き込み)できるサービスです。
ツイッターは実名にする必要がないので、一人で複数のアカウントを持つことも出来ます。

有名人や友達のツイートに質問したり、されたりする事も出来るので、
この機能を使ってユーザー同士で会話が出来る、この機能の事を〝リプライ〟と呼んでいます。

リツイートは、自分が目にしたツイート(コメント)を他の人にも広める機能の事を言います。「Twitterは情報の拡散が早い」と言われているので、おすすめ!サイトの紹介!とつぶやき(ツイート)しても良いと思います。

グーグルプラス(Google+)
Google+もSNSの一つです。

・「サークル」信頼できるメンバーとコンテンツの共有が出来きます
・「ハングアウト」最大9名まで無料でビデオチャットがでます
・「写真共有」携帯やPCの写真を加工、管理でます
・「ゲーム」ソーシャルゲームが遊べます
・「メッセンジャー」複数人でグループチャットができます
さらにGoogle+の特徴としてGoogleが提供する他のサービスとの連携が出来ます
(既に行われているものもいくつかありますが)
検索サービス、Gmail、Picasa、Blogger、カレンダー、ドキュメントと言った様々なグーグルのサービスとの連携が今後、期待されています。

ライン(LINE)
LINEは、iPhoneやAndroidのアプリを中心に無料でチャットや通話を利用でき、ゲームや音楽などの関連サービスも楽しめるSNSの1つです。

LINEでのやりとりはインターネット回線を利用しているため、通話料は必要なく、契約しているデータ通信量の範囲で音声通話やビデオ含む、チャットが使い放題になります。3GやLTE、Wi-Fiなどインターネット環境下なら、世界230以上の国や地域で利用できるサービスです。

インスタグラム(Instagram)
Facebookの傘下でiPhoneやAndroid(スマートフォン)で画像や短時間動画を共有するサービスが出来ます。

特に画像に特化したSNSの最大手で独自の進歩・発展をし続けていると言えます。

スマートフォンで撮影した画像やカメラロールに入っている画像を多彩なフィルターで様々に加工し投稿・共有できる。

また、Facebook・Twitter・foursquare・Tumblrなど、他のSNSにも写真を投稿することも出来ます。

タンブラー(tumbler)
米タンブラー社が運営する一味違う多機能型のSNSです。
ブログ、ミニブログ、ソーシャルブックマークを融合したサービスで、文章、写真、音楽、イラスト、動画などを投稿し、他のユーザーと共有することができる。デザイン性が高いことから、個人だけでなく企業の利用も多いです。

2007年の提供開始以来、対応言語を拡大し、世界中で人気を集めている。日本でも2011年にサービスが開始され、若者を中心にユーザーを増やしています。

タンブラー(tumbler)魅力(人気の秘密)
〝交流しなくていいSNS〟フォローしている相手とフォロワーが他人には見えない
誰かに「フォロー」されると、自分のダッシュボードで「フォロー」された事がわかる様になっています。(ダッシュボード:Facebookでいうニュースフィードの様なシステムです)
したがってフォロワーや友達の目線を気にせず、趣味を追求できるところが魅力です。

デザインがオシャレでカスタマイズの自由度が高く、
Instagramとの相性も良く、独自ドメインの使用もできる上に、
CMS機能に、より近いサービスを無料で使うことができる、
広告が入らないので、イラっとする事もありません。
日本語対応のTumblrアプリからも簡単に投稿ができ、
Googleアナリティクスで解析することも可能で
1つのダッシュボードで複数のブログを共有する事ができます。
Google AdSenseなどの広告やアフィリエイトリンクも貼貼ることが可能です。
Facebook、Twitterとの連携もできる
基本的に料金は無料で容量の制限も今のところありません!
と言ったところが人気となっているようです。

CMS機能

CMSは、Contents Management Systemの略で、日本語に訳すと「コンテンツ管理システム」です。 簡単に言ってしまうと、管理画面からテキストや画像を登録することで、HTMLを編集するスキルが無くてもホームページを更新することができるシステムのことで、ブログもCMSの一種と言えます。

以上、[ブログ集客力UPにSNS活用は有効⁉]でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
SP広告




スポンサーリンク




Copyright© イミナッシュ・リバース , 2018 All Rights Reserved.