パソコン初心者やアフェリエイトを始めたい方の為のビギナーズサポートです。

今さら聞けないビットコイン〝仮想通貨〟とは、

2018/12/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今さら聞けない〝ビットコイン〟とは「仮想通貨」の事です。
その他にも「暗号通貨やデジタル通貨」とも呼ばれている様です。
それでは仮想通貨とは、いったい何なのでしょう

【仮想通貨とは】

読んで字のゴトク「仮想の通貨」です。
ネット上で使用するお金なので、手に取って見る事は出来ません。
しかし、円やドルと同じく、お金として使用することが出来ます。
また、特定の国や地域に属さない為、
「国境なき通貨」なのです。
通貨の単位としては[BTC]と表記され、1BTC、2BTCなどの様に数えなす。
(BTCの金額は、日々変動するのでイクラと決める事は出来ません)
今は、生まれたての通貨ですが、このシステムはいずれ、世界中で日常生活に使用される事を、目的に開発されており、海外に行かれる際に、利便性の高い通貨になるでしょう。
日本国内でも、すでに取り入れている店舗なども有り、今後使用される事が多くなるかもしれません。

2017年8月1日のビットコイン分裂騒動で新しく誕生した仮想通貨です。

言わば、ビットコインは、国際基軸通貨の米ドルの様に、ネット通貨の基準として、採用されたビットコインが、ネット通貨の基軸通貨と言えるでしょう。

さらに言うと、ビットコインはブロックチェーンに通貨の情報だけを取り入れた純粋な仮想通貨で、ビットコイン以外の仮想通貨も取引の際は、ビットコインと同じセキュリティーのブロックチェーンを経由しています。

主な仮想通貨の種類

仮想通貨の種類
仮想通貨の種類 通貨の名前 発行総量
(Bitcoin)
ビットコイン
Btc 2,100万
(Bitcoin Cash)
ビットコインキャッシュ
Bch 2,100万
(Ripple)
リップル
Xrp 1000億
ライトコイン
(Litecoin)
Ltc 8,400万
イーサリアム
(Ethereum)
Eth 6,000万
ネム(NEM) Xem 89億99,999,999

仮想通貨は、様々な種類が有り2018年1月現在:約1000種類以上あると言われています。
仮想通貨には、発行総量が決められていて、ビットコインの上限発行量は、2,100万と決められています。
これはビットコインのインフレ(物価上昇の予想率)に合わせて設定されています。

この発行総量が少なければ少ないほど、価値が高まり高騰するという事になります。
逆に多いほど、ギャンブル性が低く安定しやすくなると言う事になります。

仮想通貨の上限発行総量

2017年8月1日のビットコイン分裂騒動で新しく誕生したビットコインキャッシュを皮切りに、それら全てを仮想通貨と呼ぶようになりました。

※「イーサリアム」は、厳密に言うと仮想通貨名だけでなく、ブロックチェーンのシステムを応用して新たな、「スマートコントラクト」という機能を加え、自動的にブロックチェーン上に取引の契約内容を残すことができます。
このシステムは高い信頼性が有る為、「不動産・証券・債券・先物取引」等の契約情報もブロックチェーンに保存できます。
その為、金融機関の東京三菱UFJ銀行や三井住友銀行、SBI信託銀行、SBI証券なども、このシステムを導入していて、プロジェクトに参加しているよです。
その他の有名企業も採用し始めているとの事なので、今後あらゆる分野での普及していくかもしれません。

では、どこで購入ができるのでしょうか?

仮想通貨取扱所

日本で仮想通貨を購入できる販売取引所は、いくつか有りますが、さも支持されているのが、
• Zaif(ザイフ)
• coincheck(コインチェック)
• bitflyer(ビットフライヤー)
• bitbank(ビットバンク)
の4社で、急上昇中なのが、
• GMO(ジーエムオー)
では、ないでしょうか!。
取引をする場合は色々ある中で、自分にあった販売所を慎重に見つけて、取引をおこなって下さい。
以上で「今さら聞けないビットコイン〝仮想通貨〟とは」終了です。

この記事を書いている人 - WRITER -
SP広告




スポンサーリンク




Copyright© イミナッシュ・リバース , 2018 All Rights Reserved.